高分子の劣化防止メカニズム

高分子の劣化防止メカニズム

高分子材料には極めて優れた機械性質や電気性質、加工性があるため、塗料、プラスチック、接着剤など幅広い分野で使用されていますが、紫外線(Ultraviolet)、熱、酸素などの作用で劣化(degradation)、黄変、光沢低下、老化、亀裂などの現象が発生し、また物性も著しく低下になります。高分子材料の使用年限を延長させ、機能を完全に発揮させるため、 紫外線吸収剤(UV Absorber)や光安定剤(HALS)を添加して、光劣化反応を抑制し、耐候性を増強する必要があります。光安定剤の主な効能は、フリーラジカルを捕らえ、高分子が太陽光や人工光源に含まれる紫外線光波によって破壊されないよう守ることです。紫外線吸収剤と光安定剤を組み合わせて使用すると相乗効果が生まれ、高分子材料にさらに完全な防護効果を与えます。