ホスファイト系酸化防止剤

ホスファイト系酸化防止剤

重合物は多く熱、高エネルギー放射(紫外線)、機械圧力、促進剤残留、或いはその他雑質反応により酸化が発生し、重合物の熱分解を誘発して、変色や元々の物理性質が失われます。そして酸化で生成する過酸化フリーラジカルはさらに重合物と連鎖反応して過酸化水素(ROOH)を生成します。引き続き熱や光環境に曝露すると、ROOHは分解してさらに多くのフリーラジカルを産出し、悪性循環を行います。酸化防止剤を加えると、フリーラジカルの生成循環が抑制でき、重合物の構造を保護して、熱分解や変色を防止します。